スポンサーサイト

  • 2010.02.21 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『4G-X』に『SP3』

img_001.jpg

先物買いが大好きな自分ですが…。

買って1年も経たないPCを、購入時の状態にリカバリしても普通に『WindowsUpdate』がかけられないのは、やっぱり『お手軽』じゃないですよねえ?

JUGEMテーマ:コンピュータ



『Eee PC』でfsck

昨夜、何の作業をやっていたかは覚えていないのですが、Ubuntuを立ち上げたまま、ACアダプタ無しの状態で放置。目が覚めて電源ボタンを押すと、せ、正常に起動しません…。

アンマウントせずに電源を切った(切れた)のが原因のようなので、ダメモトでfsckと入力、あとはひたすら[y]を押し続けると…。なんとか復旧できました。

――これも勉強。結構楽しいです。

JUGEMテーマ:コンピュータ



『Eee PC』:SDカードへの『Ubuntu』インストール

――えーっと、半分は自分用メモです。

私も特に『Linux』に詳しいわけではなく、「せっかく『Eee PC』を買ったのだから、いろいろと試してみよう」くらいな感じなので、まさか参考にする人もいないとは思いますが、くれぐれも自己責任でお願いします。

【事前準備】
1:『Disk Formatter』の用意

必ずしもコイツである必要はないのですが、『Panasonic純正のフォーマットソフトウェア』では、一度"ext2"などでフォーマットした領域は認識してくれませんでした。
「うわ!失敗した!!」という時は、『Disk Formatter』で物理フォーマットをかけるといいかもしれません。

2:詳しい人のブログを何度も読む(笑)
自分が参考にしたのはこの2つです(順不同・敬称略)。

x-gadget:blog 「ubuntuをSDHCへ再構築中@1
カツタタカシごっこ 「Ubuntu LinuxをSDHCにインストールする

それぞれスミからスミまで、繰り返し10回は読んでください。ついでにブックマークしておきましょう。

それでも自分の場合は…

16GBのSDHCカードを挿しっぱなし。
・そのうち8GBは『WIndows』と『ubuntu』の共有領域
・1GBは『ubuntu』のswapに当てる
・残りは『ubuntu』のインストール領域(install_usb.shではなく、普通にインストール)

こんな感じの環境にしたかったので、読んだまんまを真似したのではうまくいきませでした。ここから先は自分が試した手順です。

【1】有線LANの有効化

とりあえずネットに接続できない環境ではインストールにコケるようです。
自分の場合ですが、UbuntuのLiveCDから起動した際、何故か有線LANを認識してくれませんでした。

事前にXPで起動し、デバイスマネージャ>ネットワークアダプタ>Atheros L2 Fast Ethernet 10/100 Base-T Controller #2>プロパティ>詳細設定タブ>Shutdown wake upをOnにすると上手くいくようです。


【2】前半にWindowsパーテーションの作成

準備が出来たらUbuntuのLiveCDから起動、インストールを試みます。

1:ステップ(4/7)では「手動」を選択。あらかじめ全体をFAT32でフォーマットしておき、ここで初めてパーティションを切ります。割り当てのサイズは後で変更も可能っぽいですが、後で変更した際に起動できなくなったりもしたので、ここで慎重に決めておいたほうが無難です。また、WIndowsの領域は必ず先頭に設定しておきましょう。

2:ステップ(7/7)では[Advanced...]のボタンからインストールするデバイスを(hd0)→(hd1)に変更しておきましょう。ここを変更しないと本体SSDのにブートローダがインストールされてしまいます。


【3】インストール後

再起動の際、[esc]を押してSDHCカードから起動します。
「Ubuntu 7.10, kernel 2.6.22-14-gennric」を選んで[E]。編集画面のroot (hd1,0)でさらに[E]。
root (hd0,1)と修正した後、[Enter]。編集作業終了後、[B]で起動します。

無事に起動したら、アプリケーション>端末から sudo(viでもgeditでもかまいません、お好みで)/boot/grub/menu.lst を開きます。そして…

## default grub root device
## e.g. groot=(hd0,0)
# groot=(hd1,0) ←の部分をgroot=(hd0,1)

## ## End Default Options ##以降で

root (hd1,0)と成っている部分をroot (hd0,1)に変更

この後、さらに再起動をかけます。

【3】アップデート

再起動後、アップデートを要求されるので、素直に従いました。

しかし…。アップデート適用後にもう一度再起動すると、よくわからないのですがGNOMEがコケてエラーになりました。
それでも慌てずあせらず、(recovery mode)で起動します。すると、以降の起動は全く問題ありません。

――と、こんな感じです。何かの間違いで、お役に立てれば…。
JUGEMテーマ:コンピュータ



『Eee PC』で『ubuntu』

080211-234444.jpg
「"install_usb.sh"だと、何だか起動時がカッコ悪い」…と、個人的には思ったり。

そんなこんなで、SDHCカードをフォーマットすること、計3回。本体SSDの『Windows XP』のリカバリが一回。

ようやく自分好みの『Windows』+『Linux』のデュアルブート環境が整ってきました。
SDHCカード16GBのうち、8GBがWindowsと共有のデータ領域、残りがubuntuとスワップ領域(1GB)です。

あちこちのサイトを閲覧しながらも、ちょいと試行錯誤したので、たまには有益な情報をまとめようかとも思ったのですが、気が付けば3連休も終わり…。

JUGEMテーマ:コンピュータ



『Eee PC』で『Linux』



とりあえず日本向け『Eee PC』がWindows搭載だったことについては賛成派。それでも入れたい『Linux』(苦笑)。

あまりSSDの書き換えを行いたくないこともあって、16GBのSDHCカードが届くまで、『Eee PC』はWindows環境のままです。

そんなこんなで待ち時間の間、自分とLinuxとの出会いを振り返ってみたりもして。

最初は、確か『Windows100%』とかいうアングラっぽい雑誌でした。『Wikipedia』で確認すると、たぶん2000年の1月号。どのディストリビューションが収録されてたかは覚えていないです、ハイ。

という訳で、気が付くと買っていた『Linux 100%』。初心者向けを売りにしている入門書をいくつか買った覚えがありますが、どれも、いちいち小難しい説明にページを割いていて、読み手が本当に「やりたい事」の説明が不足していた気がします。

これくらいわかりやすい切り口の本がもっと増えれば…。
JUGEMテーマ:コンピュータ



『Eee PC』と『上海問屋』



本体のSSDはWindowsXPのまま使うとして、久々にLinuxも触ってみたい今日この頃。とりあえずUSBメモリにUbuntuをインストールしてみたのですが、なかなかうまく起動せず。

とりあえずSDHCカードも買い増すことにしました。容量についてはちと考えたのですが、Windowsのデータ領域に8GB、Ubuntu側に8GBの予定で思い切って16GBに決定。そして今回も『上海問屋』のサイトへ…。

増設用の2GBメモリもここで買ったのですが、16GBのSDHCカードも、これまた安い!

とは言えこのままでは、後から購入したオプションの金額が、徐々に『Eee PC』本体がもう一台買える額に近づいていきそうです(苦笑)。
JUGEMテーマ:コンピュータ



『Eee PC』届きました

080127-181439.jpg
立派なノートPCですね、これ。WordもExcelも快適に動きます。フツーの会社で使っているデスクトップPCよりも動作がキビキビしているんじゃないでしょうか。

…となると、知っていたとは言えやっぱり残念なのがモニタの解像度。800×480しかないので、ほとんどのサイトで横スクロールが発生。それはギリギリ許せるとしても、別ウィンドウがポップアップで開くような作りの場合、縦のサイズが固定されていてスクロールすらままなりません。

メーカーはなにやら「『モバイル・インターネット・デバイス』として売っていく」みたいなことを言ってるようですが、実はWeb閲覧が一番苦手なんじゃないでしょうかね?

その点を覚悟できるなら、実に楽しいマシンです。


『EeePC』の準備(その2)

かなり参考になっているので、個人的なメモ代わりに…。

ゼロから始めるEee PC(β)

Eee PC発売記念(?) この小さいマシンでゲームを動かしてみよう――その1:Windows XPを頑張って小さくしてみる

eeepc_fan @ ウィキ

JUGEMテーマ:コンピュータ



『EeePC』の準備

『EeePC』はパソコン専門店みたいなお店、もしくはAmazonでしか扱ってないと思っていたので、なんとなくAmazonで予約したのですが、大手量販店でも予約を受け付けてるじゃありませんか?!

そういう訳でAmazonでの予約はキャンセル。普段馴染み深いビックカメラで再度予約しました(苦笑)。
ポイント還元で実質5,000円引き(?)、そのポイントを有効に使ってメモリを増設するつもり…だったのですが。

おそるべし!上海問屋!!

ブランド品の2GBのメモリの相場を調べていたのですが、だいたい今の時点で12,000円程度、ノーブランドで6,000円程度。それがこの値段?!

個人的に『EeePC』はお金をかけずに遊ぶガジェットだと思っているのもあって、勉強がてらにコイツを買ってみます。
(実はハードの事情には詳しくない自分…)

――で、そうなると、次に気になるのが、毎度おなじみ『Vis-aVis』の各種グッズ。





PDAIR レザーケース for Eee PC


OverLay Plus for Eee PC


レ、レザーケースはあいかわらずカッチョイイのだけれども…。今回は「お金をかけずに遊ぶ」予定なので、泣く泣くスルー。
スマートフォンみたいに直接、液晶パネルをゴシゴシするわけではないので保護シートも不要かな?と思いましたが、使い込んだ後に貼るといろいろと面倒なので、こっちは買っちゃいます。

――うう、今月は『戦闘妖精・雪風』のDVD-BOXとかを買ったのもあって、再来月のカード払いが怖いかも…。
JUGEMテーマ:コンピュータ



『W-ZERO3』と『EeePC』

『Windows Mobile』との付き合いが初代『W-ZERO3』発売日からなので、もう2年越し。
いろいろと便利で、これはこれで楽しいのですが「普通のパソコンのOSが動いたらなあ」と思うこともしばしば。

そんなこんなで『EeePC』もかなり気になっていたのですが、いつのまにか「最初から日本語対応」「Windows版」なんてものの予約が始まってるじゃありませんか?!

「おおむねA5サイズのコンパクトさ」「パソコンと同じWindowsが動く(個人的にはLinuxに抵抗は無いのですが)」「それでいてお値段が5万円弱」。でも、実際に自分好みに仕上げるなら、やっぱりメモリは増設したいし…。そうするといくらになるんだ??

――などなど、さんざん悩みましたが、とりあえず購入決定!!

SDカードはとりあえず初代『W-ZERO3』で使っていた2GBのものを転用。メモリの増設と『DD』のジャケットだけ購入すればイケるかなあ??
JUGEMテーマ:コンピュータ



calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
recommend
ウィルコムストア
プレミアム バンダイ(魂WEB)
バンダイチャンネルロゴバナー(白)
Yahoo!
Amazon
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM